カテゴリー別アーカイブ: 恋愛

PCMAXでのセフレの作り方

昨年、妻に先立たれたこともあり、セフレを作ろうと考えました。妻と連れ添って30年、いい思い出も悪い思い出もいっぱいありますが、一つだけ自慢をしたいのは私は妻以外の女性には目もくれなかったことであり、妻だけを愛し続けました。妻の病気が重くなり、晩年は一緒に寝ることもかないませんでしたが、その時でも私は妻を思って自慰行為をしていたくらいです。
しかし、妻には申し訳なさもありますが、私の人生はまだ長いのです。残された人生において童貞を貫くことに意味はありません。かと言って、新しいパートナーと連れ添う気はありません。それこそ亡き妻への裏切りだと思っています。ただし、セフレくらいなら妻も許してくれるのではないでしょうか。
セフレをPCMAXで作る
そんな時に昔の会社の同僚からPCMAXを薦められたのです。確かに直接顔を合わせて断られたりするダメージを考えると、顔の見えないインターネットのサイトは最適でしょう。私は、物は試しに登録してPCMAXでのセフレの作り方を模索してみました。予想はしていましたが20代の若い女の子ばかり。私も60手前ですからさすがにそんな若い子がセフレになってくれるとは思えません。PCMAXでのセフレの作り方として年齢詐称することも考えましたが、年齢相応の見た目だから仮に実際会うことになればあっさりバレるでしょう。まあ、ダメでもともとですし、年齢もプロフィールもセフレ募集動機も正直に書くことにしたのです。
すると、何と20代半ばの女の子が声をかけてきたのです。え?私なんかでいいの?と聞きましたが、お父さんのような存在が欲しかったからと言う答えでした。
そして、今ではすっかりセフレです。彼女曰く、これくらいの年の差があった方がセフレとして割り切れると言っていました。年齢が近いと生々しくなって割り切れなくなるとのことでした。
こうして、私は妻を亡くした寂しさから立ち直りました。例え需要がないと思ってもどこかに拾う神はいるものなのですね。今度、未だに独身の私の息子と娘にも自慢しようかと思います。
エロイプ相手募集
エロイプ

オナ電

一人一人の性格が違いますから私としては出会い系を使って新しいパパ候補を探すことがやめられません。

私自身のことをとても好きでいてくれるようなタイプの男性に今回は出会えましたのでお金もたっぷりもらえていい感じでした。

この人はオナ電をしたいというようなこのを言っていましたのでそれをしてあげるからお小遣いが欲しいなぁとせがんでみたら見事にちゃんとした金額をくれる約束をしてくれました。

普通に彼とはデートを良くしますし、楽しい時間を過ごさせてもらいますが、たまにはこうやってオナ電をすることで副収入としていい金額を手に入れることができていますので私としては満足ができています。

一番気持ちよくなれるようにといやらしい体験をたくさん味わえるような技を披露してくれましたので任せて安心ができるタイプだったと思います。
オナ電

このパパは普段は会社を経営しているお金持ちらしく、時間はないけどお金は腐るほどあるんだと言っていましたので、これからもいろいろと楽しくさせることによってお小遣いをゲットしていきます。

ちなみに彼はいつもデートをするときにはベンツで迎えにきてくれますが、周りから羨ましがられるような目で見られるのが優越感を抱くことができて良いですね。

いろいろと経験が豊富ですのでデートをするコースも私が普段は体験できないような素晴らしいお店を紹介してくれたりしてくれます。

プライベートでこういうお金持ちと知り合うようなことはできませんでしたので、今回の彼との出会いで私の人生の考え方は劇的に変わったと思います。

これからはもっとこの人からパパとしていろいろサポートをしてもらってお金を集めていければいいなと思います。

早く会いたくなりますね。

下着売り
センズリ鑑賞

援デリ業者

今は援デリでやってるけど、きっかけは、援デリ業者からのスカウトでしたね。
とある掲示板に書き込みしてたんですが、援デリ業者の人が声かけてくれて、それからです。
抵抗はなかったですね。お金を払わなきゃいけないわけですけど、個人でやるよりは、安心感があるというところでしょうか。
それに、自分で動かなくてもお客さんを連れて来てもらえるというメリットもありますね。
その援デリ業者の人も面倒見のいい方だったんです。
最初のメールもらって、その文面もしっかりしてましたし、安心感がありました。
フレンドリーな感じなんですけど、慣れ慣れしくないし、こっちの立場とか心情とかもちゃんと把握してくれてるって感じですね。
セフレ掲示板
具合が悪いと連絡すれば、お見舞いメールもちゃんと来ますし、メンタルケアもしてもらってる感じです。
今では、その援デリ業者にプライベートな相談もしちゃってますねー。
依存・・・まではしてないつもりですけど、こういう仕事でも頑張ろうと思えるのは、そういう信頼関係があればこそだと思います。
一人で援交してる時は、何かあった時自分が矢面に立たなければならないから、ちょっと怖かったこともありましたよね。
「訴える」なんて一言言われると、向こうは本気で訴える気はないのかもしれませんが、精神的にダメージ受けるじゃないですか。
だけど、そういうのも援デリ業者が後ろについていてくれると色々アドバイスももらえますしね。
自分のやってることが、いいことだとは思ってないけど、それでも味方がいるって心強いです。
割り切り掲示板
ワリキリ