作成者別アーカイブ: trilliumartisans

乳首責め

クニちゃんは身長が150に満たない小柄な女の子である。体も細くておそらく胸もAカップ程度だ。年齢は20代前半で一般的な社会人であるわけだけど、未だに学生でも通用する童顔だ。「ただ、コンプレックスではあるんだよね」と、クニちゃんは小さな乳首を自分でコリコリしながら言った。やっぱり年相応の身長とバストは欲しいそうだ。
そんなクニちゃんのおっぱいを僕は正面から乳首をつまむような形でぐっとつかむと、そのまま腕を上に伸ばして彼女の体を釣り上げた。おっぱいハンギングツリーだ。「ギャー!ギブアップ!ギブアップ!」とクニちゃんは足をバタバタさせながら叫ぶが僕は容赦はしない。僕の乳首責め技に実はクニちゃんが悦んでいるのは、体を持ち上げたまま指先で乳首をコリコリすると、喘ぎ声を漏らし始める彼女が一番わかっているはずだ。
僕は子供の頃からずっとプロレスラーになりたかった。だが、身長はともかく思ったほど体重も増えず筋肉もつかなかった。そのため、大学の頃こそ学生プロレスをやっていたが、職業としてのプロレスラーになれる素養はなかった。まあ、この体格なのであきらめもつけやすく、大学を卒業後は一般企業に勤めている。
テレフォンセックス
そんな僕に、クニちゃんを紹介してくれたのは僕の友達の彼女だった。その彼女が「学生時代の友達で女子プロレスラー目指していた子がいる」と言う話になって僕に紹介してくれたのだ。ありがたい話だか迷惑な話だがわからないが、当時は恋人もいなかったので会ってみることにした。それが、一目で「プロレスラーになりたい?無理!」と即答できるような小さなクニちゃんだったわけだ。そして、お互い同じ夢を目指した者同士と言うことで話が合い、今こうして正式にお付き合いしている。
喘ぎ声も絶え絶えになったクニちゃんをベッドの上に下ろすと、さあ次はどんな乳首責め技をかけてやろうか、と彼女に馬乗りになった。しかし、次の瞬間、体を入れ替えて僕のマウントを取ったクニちゃんが、上から僕の乳首をつまみ上げた。クニちゃんの得意技・乳首クロー固めだ。クニちゃんの爪が食い込むので結構痛い。「どーだ!まいったかー!」と勝ち誇るクニちゃんだが、僕はギブアップしない。なぜならば、その乳首に感じる痛みが快感に変わってきた自分がいるからだ。
こうして、僕とクニちゃんはお互いに乳首責めし合う仲になったのである。幸せだ。
チクニー
乳房責め

出会いアプリ

私は出会い系アプリで知り合った男性といい感じです。出会い系アプリはよく利用しています。大人になると出会いがなくなるからです。合コンも苦手なので私はこうやって出会い系アプリでこっそりと出会いを探すのが好きでした。だから友人にはいつも、いつの間にか彼氏がいるよねと言われます。私はどうやって知りあったのかは友人には話しません。そしてまた最近知り合った男性といい感じになっています。まだ会ったことはないのですが、彼の方から積極的に連絡をくれています。私は積極的な男性が好きなので久々のこの感じにドキドキしています。彼は私より少し年上の男性です。最近彼女と別れたらしく、まずは友達から仲良くなれる女性を探していると言っていました。
セフレアプリの殿堂?セフレ募集に最高のアプリをご紹介します
私もちょうどそんな感じだったのでお互いに気が合うなと思いました。彼は私みたいな女性がタイプだと明らかな好意を示してくれます。まだ会ったことないのに…と思うのですが、写真は交換しあっているので写真の雰囲気や会話のやりとりが好みだと言ってくれます。私は彼の口車に乗せられているだけじゃないのかと思うこともありますが、今は素直に彼の言葉を受け取ろうと思っています。私は過去に疑いすぎて恋愛がダメになった経験があるので、人を初めから疑うのはいけないことだと思っていたからです。彼と知り合って私は自分に自信が持てるようになりました。彼はとても褒め上手なので彼といたら成長できるような気がしています。
処女狩り
やらみそ

オナ電

一人一人の性格が違いますから私としては出会い系を使って新しいパパ候補を探すことがやめられません。

私自身のことをとても好きでいてくれるようなタイプの男性に今回は出会えましたのでお金もたっぷりもらえていい感じでした。

この人はオナ電をしたいというようなこのを言っていましたのでそれをしてあげるからお小遣いが欲しいなぁとせがんでみたら見事にちゃんとした金額をくれる約束をしてくれました。

普通に彼とはデートを良くしますし、楽しい時間を過ごさせてもらいますが、たまにはこうやってオナ電をすることで副収入としていい金額を手に入れることができていますので私としては満足ができています。

一番気持ちよくなれるようにといやらしい体験をたくさん味わえるような技を披露してくれましたので任せて安心ができるタイプだったと思います。
オナ電

このパパは普段は会社を経営しているお金持ちらしく、時間はないけどお金は腐るほどあるんだと言っていましたので、これからもいろいろと楽しくさせることによってお小遣いをゲットしていきます。

ちなみに彼はいつもデートをするときにはベンツで迎えにきてくれますが、周りから羨ましがられるような目で見られるのが優越感を抱くことができて良いですね。

いろいろと経験が豊富ですのでデートをするコースも私が普段は体験できないような素晴らしいお店を紹介してくれたりしてくれます。

プライベートでこういうお金持ちと知り合うようなことはできませんでしたので、今回の彼との出会いで私の人生の考え方は劇的に変わったと思います。

これからはもっとこの人からパパとしていろいろサポートをしてもらってお金を集めていければいいなと思います。

早く会いたくなりますね。

下着売り
センズリ鑑賞

お金の無償支援

最初はお金の無償支援なんて言っても、ちゃんと返すつもりでした。カード破産して、人生やり直そうって思って頑張ってたんですけど、返済が消えても、生活は楽にならない。いままで返済に充てていた分が浮くだろうって言っても、もともと生活のレベルに合った収入があるわけではないので、ホッとする間もなく、すごく苦しくなる。これくらいは、って思って使うお金がそもそも贅沢なんですよね。普通だと思って使っていたことが、実は、わたしにはやってはいけないことって思い知らされる。
そんなことをぼやいたら、友達に60代の男性を紹介されて。返済期限はなし、利子もとらないお金貸してくれるって。それってお金の無償支援じゃないの? って聞いたら、それでもオッケーって。
お金 支援
わたしは、もちろん、生活が安定してきたら返しますって言って。その男性も「真面目に考えてくれているんですね」って了解してくれて。返さなくてもいいってお金をもらうって、絶対裏があるわけだし、返しますって言って、それでもいらないって言われたら、断るつもりだったです。
でも、結論からいうと、とても返せなくなって。月々、いくらかもらうだけで、少しずつ、気持ちが緩んでしまって、出費が増えていって。すぐに、彼の振り込みがないと生活できないってことに。もうどこからも借りられないからね。親戚とか親から借りるわけにもいかなくて。毎月いくらか借りるってできないですよ。
それで、彼に援助をいつ切られるか怖くなって。男と女の関係になりました。コンドームが嫌いだっていわれて、いつも着けずに中だしです。パイプカットしてるから、子供はできないっていわれてるけど、ちょっと怖い。別に、めちゃくちゃにされるって感じではなくて、紳士なんですけどね。すごく優しいし。こんな風になるってわかっていてお金くれてたんでしょって言っても彼は、にこにこしているだけです。

お金くれるパパ
デートしてお金をもらう

センズリ鑑賞

同僚の一人がゲイバーが好きで、よく行ってるみたい。
本人は、普通に結婚してるし、子どももいるし、至ってノーマルな人なんだけどね。
俺も、何度かそのゲイバーに連れて行ってもらったことある。
で、そのゲイバーの仲間で今度センズリ鑑賞があるらしいんだけど、「お前も来る?」って誘われた。
なんか、そのゲイバーの中の仲のいい人に俺を連れて来いって言われたんだって。
なんで俺?って思ったら「お前、独身じゃん。彼女もいないから狙われてるんじゃね?」なんて言われて、余計に行きたくない・・・。
そもそもセンズリ鑑賞なんて、ゲイの人たちのお遊びみたいな奴でしょ?
俺、ゲイじゃねーもん。
まぁ、多少は興味あるけど・・・。見てみたい気もするんだけど・・・。
ゲイの人にセンズリ鑑賞に誘われて、ほいほい行っちゃったら、後はもうご想像通りって展開になりそうじゃない?
オナ指示されながらオナニーをする快感に絶頂を覚える
ここで踏みとどまるべし!って思った・笑
いや、別にゲイの人には偏見ないよ。ゲイバーでもみんなで楽しくワイワイとお酒飲んでたし。
みんないい人たちだったしさ。
だけど、それはそれ。センズリ鑑賞はすでに俺的には一線を超えているよ。
ここでその一線を超えちゃうと、多分ズルズルと奥の方に引きづり込まれてしまう予感がする。
俺、今もしかして境界線にいる?って自覚したら、急に焦りが出てきて、この間、結婚相談所の入会説明受けちゃった。
取り合えず、女性との接点を持てば、踏みとどまれるかもしれない。
手に届く範囲内に女性がいれば、ゲイロードまっしぐら状態を食い止められるかもしれない。
センズリ鑑賞
ナンパしてセンズリ鑑賞

ホ別

私は、ホ別にはしてない。
3なら3で、それをもらって、ホテル代はその人が払いたいなら払えばいいし、払いたくきゃこっちが払うしってスタンス。
ホ別とかわざわざ明記するのが、みみっちいというかしみったれてるって感じるのね。
こういう世界で、ホ別とかホ込とか、そういうの、いちいち細かく取り決めるってこと自体、そぐわなくない?
男が払うべきって考える人もいるだろうし、商売してる女が払うべきって考える人もいるだろうし。
そんなの人それぞれだからね。
別にわざわざ明記しなくたっていいじゃない。その人の考え方なんだから。
女の方からホ別・・・とかいうのって下品だと思うのね。
みみっちい根性してるから、円交とかやるんだろうけど、私はそういうのと一緒にされたくないから。
ホ別3での援交はアマゾンギフト券の金券詐欺
今までホ別とか書いたことないよ。
だけど、最近の男ってホ別に慣れてるからさ、「ホ別ですよね?」とかわざわざ確認してくんの。
それも興ざめというか、失礼よね。
ホ別ってあえて書いてないんだから、好きに判断すればいいじゃない。
それで、後でトラブルになることを恐れているというなら、それはただの小心者で世間に慣れてないおぼっちゃんということなのよ。
慣れた大人なら、スマートにホテル代払うし!
ホテル代にまで気が回らないんだったら、私がスマートに支払い済ませるし!
そんな些末なことを気にして女探ししてるってこと自体、失笑ものって言いたいのね。
なんか男と女ってもっとロマンティックになれないのかな。こういうホ別制度ができてから、粋って言葉が遠のいていくよね。
裏垢女子
ツイッターの裏垢女子

筆下し

筆下しに興味のある僕。
そういうことに興味はあるものの、実際にはしたことがないからだった。
しかも、それをしてくれる相手もいない。
そういうわけで、僕はとある出会い系サイトにアクセスをしてみたのである。
僕が利用したのは、実際に人と人の出会いがあるというあの出会い系サイト。
その中には掲示板が設置されているので、このような書き込みをしたのだった。
具体的には、このような感じでね。
「はじめまして。筆下しをして下さる女性を探すことにしました。というのは、そういうことに興味があるものの、したことがないからです。彼氏彼女の関係は、面倒くさいのでしたことがないです。だって、記念日云々、色々とすることがあるでしょう?だからです(笑)ちなみに、割り切りの関係希望です。よろしくお願いします。」というようにね。
包茎手術で傷跡
そこで縁があったのが、N子さんという女性だったわけである。
彼女曰く、「はじめまして。私は普段、SMクラブで女王さまをしているわ。あなたの筆下し、お手伝いして差し上げますわよ。」ということだった。
何だか、筆下しに関する意欲が半端ないように感じたので、すぐに彼女と会うことにしてみた僕たち。
実際に彼女と会ってみて話をしてみた。
そして、付近のホテルに行く。
部屋に入るとすぐに、僕をベッドに押し倒してきた彼女。
服も脱がせられてしまった。
・・・そして、ものすごい速さで筆下しが終わってしまった(笑)
これが筆下しというものか~。

ホ別いちご
穂別いちご

即マン

私は離婚して3年。寂しい毎日をおくっていました。独身生活をそれなりに満喫できると思っていたのですが、初めの1年くらいで飽きてしまいました。結婚生活が長かったので、他の女性と接することにも緊張して思うように楽しむこともできませんでした。セックスしたいという欲求があっても相手にしてくれる女性はおらず、1人寂しく過ごしていたのです。私はこの寂しさを紛らわせようと思い出会い系サイトを利用することにしました。そこで知り合ったのは、私よりも10歳は年下の女性だったのですが、積極的な女性で私に即マンしたいといっていきました。
援デリ業者
即マンという意味がわからなかったのですが調べて驚きました。私は思ってもない女性からの誘いに有頂天になりました。すぐに彼女と会う約束をしました。彼女は風俗関係で働いている女性らしく、時々ストレス発散のためにこうやって男性と会って即マンするらしいのです。私は妖艶な彼女の姿にすぐに魅了されました。スタイルも良く、容姿端麗です。こんな女性が風俗で働いているなんてもったいないと思ってしまうほどでした。彼女はお金が好きらしくお金が稼げる仕事がいいので今の仕事をしていると言っていました。私はお金には余裕がありましたので彼女と専属の契約をしたいと思いました。彼女にその話を持ちかけると、喜んで応じてくれました。それから、彼女との奇妙な関係が始まったのですが、私はとても充実した日々を過ごしています。
プチ援
割り切り

割り切り掲示板

割り切り掲示板にイケメンっていないよねー。
私、何気にイケメン好きだから、割り切り掲示板ってあんまり興味なかったの。
っていうか、ネットとかの出会い系なんか、どうせ大したのいないって思ってたから、まったく興味なくて。
だけど、友達がどこかのネットの出会い系で彼氏できたんだけど、それがけっこうイケメンなんだよね。
出会い系ってこんなイケメンもいるんだ!って初めて知って、自分が今まで損したような気持ちになったの。
もちろん、割り切り掲示板と恋愛系の出会い系って違うよ?
本当に、恋人募集って人もいるもん、恋愛系だと。
私のその友達もそうだったし。
出会いの選択肢の一つとして考えていいよね、すでにもう一般的になってるわけだし。
私、頭が古風というよりは、偏見があったんだよね。
セックス募集
顔が見えない出会い方って、どうせブサイクしかいないって。
写真交換って言っても、加工できるし、ウソもつけるし。
まじめな出会いを探してる人が、ネットの世界にいるわけないって偏見があったのね。
だけど、そうでもないんだなって改めて認識したわけよ。
私も試しにやってみようかなって出会い系覗いたんだけど、なんとなく今の自分だったら、割り切り掲示板の雰囲気があってそうだったのね。
あ、やりたいだけとか、そういうのではなくて・・・
やるのが目的だけど、その過程も楽しみたいって遊び目的だったから。
年収がいくらとか、そういうことだけじゃなくて、いろんなイケメンと遊んでみたいのね。
真剣なお付き合いに至る前の、探り合いの恋愛ごっこの雰囲気を味わいたいだけだから。
テレセ
テレセ

割り切り

テレビからは、人気の刑事ドラマが流れていて、その子は缶チューハイを飲みながら画面に見入っていた。
割り切りで契約した彼女は、会った時からけだるそうな雰囲気だった。
正直、美人ではない。体つきもどことなくだらしない。そのまま自分の部屋から出てきたようなダボダボのジャージ姿だ。
もし、風俗店で彼女が出てきたら、チェンジしていてもおかしくない。しかし、キャンセルはできてもチェンジできないのが割り切りだ。
僕は、仕方なく彼女と一夜を共にする決意を固めた。まあ、案外と気と体は合うかもしれないし。
彼女の勧めで、あるホテルの一室に入ると、彼女は勝手知ったるように冷蔵庫から缶チューハイを取り出して、テレビをつけた。
「このドラマ、終わってからでいい?」なんて、言ってくる。
夜の暗がりではよくわからなかったが、こうして明るいところで彼女を見ると、何で僕は、こんな女と金を払って寝なきゃならないんだ?と思い始めていた。
仕方なく、風呂を沸かす。一夜限りの関係だ、ここは我慢、と僕は浴槽につかりながら、自分に言い聞かせる。
ワリキリは売春なのか
風呂から上がってくると、彼女は3本目の缶チューハイを口にしていた。
そして「煙草買ってきて」と言う。フロントに内線すると煙草を持ってきてくれるそうだ。
僕は、部屋まで届けてくれたおじさんに頭を下げると、受け取った煙草を彼女に渡した。
彼女は、ありがとうの一言もなく、さもあたりまえのように煙草を喫い始めた。
僕は、やるせない気持ちになりながら、彼女の横に座って、同じようにテレビを見た。
ドラマはクライマックスで、刑事が犯人を追い詰めているところだった。もうすぐドラマも終わる。
その後、僕はこのジャージ女とセックスをすることになる。それが果たして自分が望んでいたものなのだろうか。
ようやくドラマが終わると、彼女は僕におもむろに手を差し出してきた。
「先にお金貰える?」
財布から抜き出した万札を渡しながら、僕には、割り切りなのだけど、割り切れない思いが付きまとっていた。
パトロンの意味
お金くれる彼氏