乳首責め

クニちゃんは身長が150に満たない小柄な女の子である。体も細くておそらく胸もAカップ程度だ。年齢は20代前半で一般的な社会人であるわけだけど、未だに学生でも通用する童顔だ。「ただ、コンプレックスではあるんだよね」と、クニちゃんは小さな乳首を自分でコリコリしながら言った。やっぱり年相応の身長とバストは欲しいそうだ。
そんなクニちゃんのおっぱいを僕は正面から乳首をつまむような形でぐっとつかむと、そのまま腕を上に伸ばして彼女の体を釣り上げた。おっぱいハンギングツリーだ。「ギャー!ギブアップ!ギブアップ!」とクニちゃんは足をバタバタさせながら叫ぶが僕は容赦はしない。僕の乳首責め技に実はクニちゃんが悦んでいるのは、体を持ち上げたまま指先で乳首をコリコリすると、喘ぎ声を漏らし始める彼女が一番わかっているはずだ。
僕は子供の頃からずっとプロレスラーになりたかった。だが、身長はともかく思ったほど体重も増えず筋肉もつかなかった。そのため、大学の頃こそ学生プロレスをやっていたが、職業としてのプロレスラーになれる素養はなかった。まあ、この体格なのであきらめもつけやすく、大学を卒業後は一般企業に勤めている。
テレフォンセックス
そんな僕に、クニちゃんを紹介してくれたのは僕の友達の彼女だった。その彼女が「学生時代の友達で女子プロレスラー目指していた子がいる」と言う話になって僕に紹介してくれたのだ。ありがたい話だか迷惑な話だがわからないが、当時は恋人もいなかったので会ってみることにした。それが、一目で「プロレスラーになりたい?無理!」と即答できるような小さなクニちゃんだったわけだ。そして、お互い同じ夢を目指した者同士と言うことで話が合い、今こうして正式にお付き合いしている。
喘ぎ声も絶え絶えになったクニちゃんをベッドの上に下ろすと、さあ次はどんな乳首責め技をかけてやろうか、と彼女に馬乗りになった。しかし、次の瞬間、体を入れ替えて僕のマウントを取ったクニちゃんが、上から僕の乳首をつまみ上げた。クニちゃんの得意技・乳首クロー固めだ。クニちゃんの爪が食い込むので結構痛い。「どーだ!まいったかー!」と勝ち誇るクニちゃんだが、僕はギブアップしない。なぜならば、その乳首に感じる痛みが快感に変わってきた自分がいるからだ。
こうして、僕とクニちゃんはお互いに乳首責めし合う仲になったのである。幸せだ。
チクニー
乳房責め