月別アーカイブ: 2018年12月

筆下し

筆下しに興味のある僕。
そういうことに興味はあるものの、実際にはしたことがないからだった。
しかも、それをしてくれる相手もいない。
そういうわけで、僕はとある出会い系サイトにアクセスをしてみたのである。
僕が利用したのは、実際に人と人の出会いがあるというあの出会い系サイト。
その中には掲示板が設置されているので、このような書き込みをしたのだった。
具体的には、このような感じでね。
「はじめまして。筆下しをして下さる女性を探すことにしました。というのは、そういうことに興味があるものの、したことがないからです。彼氏彼女の関係は、面倒くさいのでしたことがないです。だって、記念日云々、色々とすることがあるでしょう?だからです(笑)ちなみに、割り切りの関係希望です。よろしくお願いします。」というようにね。
包茎手術で傷跡
そこで縁があったのが、N子さんという女性だったわけである。
彼女曰く、「はじめまして。私は普段、SMクラブで女王さまをしているわ。あなたの筆下し、お手伝いして差し上げますわよ。」ということだった。
何だか、筆下しに関する意欲が半端ないように感じたので、すぐに彼女と会うことにしてみた僕たち。
実際に彼女と会ってみて話をしてみた。
そして、付近のホテルに行く。
部屋に入るとすぐに、僕をベッドに押し倒してきた彼女。
服も脱がせられてしまった。
・・・そして、ものすごい速さで筆下しが終わってしまった(笑)
これが筆下しというものか~。

ホ別いちご
穂別いちご

即マン

私は離婚して3年。寂しい毎日をおくっていました。独身生活をそれなりに満喫できると思っていたのですが、初めの1年くらいで飽きてしまいました。結婚生活が長かったので、他の女性と接することにも緊張して思うように楽しむこともできませんでした。セックスしたいという欲求があっても相手にしてくれる女性はおらず、1人寂しく過ごしていたのです。私はこの寂しさを紛らわせようと思い出会い系サイトを利用することにしました。そこで知り合ったのは、私よりも10歳は年下の女性だったのですが、積極的な女性で私に即マンしたいといっていきました。
援デリ業者
即マンという意味がわからなかったのですが調べて驚きました。私は思ってもない女性からの誘いに有頂天になりました。すぐに彼女と会う約束をしました。彼女は風俗関係で働いている女性らしく、時々ストレス発散のためにこうやって男性と会って即マンするらしいのです。私は妖艶な彼女の姿にすぐに魅了されました。スタイルも良く、容姿端麗です。こんな女性が風俗で働いているなんてもったいないと思ってしまうほどでした。彼女はお金が好きらしくお金が稼げる仕事がいいので今の仕事をしていると言っていました。私はお金には余裕がありましたので彼女と専属の契約をしたいと思いました。彼女にその話を持ちかけると、喜んで応じてくれました。それから、彼女との奇妙な関係が始まったのですが、私はとても充実した日々を過ごしています。
プチ援
割り切り